BA 上級クラスで行くヨーロッパ旅行

格付け機関:世界18位
ファーストクラス:世界9位
ビジネスクラス:世界16位
ロンドン・ヒースロー空港を拠点とするブリティッシュエアウェイズ。日本には羽田にのみ就航しており、ロンドン-羽田線は長距離向けの上級クラスが利用できる。このページでは、これからBAのファースト・ビジネスクラスを利用する人に向けて設備等を紹介している。

ブリティッシュエアウェイズ メニュー



ブリティッシュエアウェイズ 上級クラス

ブリティッシュエアウェイズの上級クラスには、ファーストクラスとビジネスクラスがある。ファーストクラスは主要路線にのみ設定されており、羽田線の一部では利用することができる。ファーストクラスを設定していないA350などの機材は、ビジネスクラスが最も上となる。

上級クラスを利用すると、行きの日本の空港、そして帰国の際のロンドンヒースローのラウンジを利用することができ、その他にも優先搭乗など優遇されたサービスを受けることができる。

ファーストクラス

最上位であるファーストクラス。ビジネスクラスと比べても限られた人しか利用することはできず、787-9にわずか8席のみ設定されている(ビジネスは42席)。日本から利用できるのは羽田線の一部のみとなっている。

座席は1-2-1配列で、黒を基調とした高級感のあるデザインとなっている。ファーストクラス特有の前後の間隔の広さがあるので、窮屈とは無縁で過ごすことができる。

ロンドン発の便では、英国産の高品質の食材を使用した特製料理が提供される。

ヒースロー空港では、ファーストクラス(+最上位会員)向けのコンコルドルームを利用することができる。豪華な家具や美術品が展示された美しい空間で、軽食はもちろん、本格的な料理、シャンパンなどを味わうことができる。

ビジネスクラス

ブリティッシュエアウェイズのビジネスクラスは、長距離向けと短距離向けの2つがあり、日本への便は全て長距離向けの機材となっている。

A350を中心に設置されているのが「club suite(クラブスイート)」と呼ばれる独立型シート。2019年から導入が始まり、現在BAで最も良いビジネスシートとされている。ドア付きの個室で、シートの大きさやモニターのサイズは前世代よりも大型化されている。

新型でないビジネスシートもまだまだ現役であり、こちらは2-3-2配列のかなり特殊な座席となっている。通路に面した両端が前向きなのに対して、中央席は後ろ向きとなっている。

窓側も前と後ろが組み合わさった配置。後ろ向き座席の人が通路に出る際は、前向き座席の前を通る必要があるので、これは欠点といえる。選べるのであればクラブスイートの方がおすすめだ。

ブリティッシュエアウェイズの詳細・他のクラス

ブリティッシュエアウェイズの上級クラスを紹介してきたが、そもそもBAってどのような航空会社?運航機材や利用者の感想は?このような疑問は下のページで紹介している。その他にもプレエコやエコノミーの情報も知っておきたいという人はこちらから。



欧米のビジネスクラス特集

ヨーロッパ系
🇬🇧 ブリティッシュ  🇫🇷 エールフランス
🇩🇪 ルフトハンザ  🇳🇱 KLMオランダ
🇫🇮 フィンエアー  🇮🇹 ITAエアウェイズ
🇨🇭 スイス航空

アメリカ系
🇺🇸 ユナイテッド  🇺🇸 デルタ
🇺🇸 アメリカン
おすすめの記事