2024年版 台北の日系・日本語ホテル7選
“最高に滞在する” ロンドントーチがピックアップ
台北は海外初心者も多く訪れるので、安心感を求めて日系ホテルを選ぶ人は多い。高級ホテルからビジネスホテルまで進出しているので選択肢は広く、なるべく日本の環境に近い滞在を望むならこれらがおすすめだ。このページでは厳選した台北の日系ホテル(日本語が通じる)を紹介している。



日系ホテル

1位 
オークラプレステージ 台北

8.9
35,000
【中山エリア】 中山駅から徒歩3分
【アジアのホテルはAgodaで】
アジアのホテルはAgodaで
開業客室バスルーム
2012年44㎡~独立型
日系の高級ホテルである「オークラプレステージ 台北」。日本語が通じる安心感をはじめ、新しい設備や立地の良さなどで、宿泊者の満足度は台北で最高クラスに位置する。客室は44㎡以上と広々としており、施設面では無料で利用できる大浴場を備えるなど充実した設備となっている。
場所は台北の中心街である中山駅から徒歩3分のところ。三越などの百貨店が立ち並び、日本人の宿泊先として人気のエリアなので、立地に関しても条件はかなり良い。
大浴場あり
ユーザー満足度 客室の内容
立地 コストパフォーマンス

2位 
ソラリア西鉄ホテル台北西門

8.4
25,000
【西門エリア】 西門駅から徒歩5分
【アジアのホテルはAgodaで】
アジアのホテルはAgodaで
開業客室バスルーム
2023年18㎡~/21㎡~シャワー
ハイクラスホテルの「ソラリア西鉄ホテル台北西門」。九州に拠点を置く西鉄グループのホテルで、建物は25階建てというこの辺りでは目立つ存在。客室は21㎡以上あり(1部屋のみ18㎡)、標準タイプはシャワーオンリーとなっている。質感は高く、室内の内装や設備、ロビーは高級感がある。
場所は繁華街である西門町。西門駅から徒歩5分の距離にあり、駅前は台北屈指の繁華街が広がるので、観光で訪れるにはかなり良い立地といえる。
ユーザー満足度 客室の内容
立地 コストパフォーマンス

3位 
ホテルメトロポリタン プレミア 台北

25,000
【中心エリア】 南京復興駅から徒歩2分
【アジアのホテルはAgodaで】
アジアのホテルはAgodaで
開業客室バスルーム
1999年 (リ: 2021年)36㎡~独立型
JR東日本グループの「メトロポリタンプレミア 台北」。旧ウェスティンホテルとして運営されていた高級ホテルであり、2021年より日系ホテルに変更されている。客室は36㎡以上という広々とした空間で、バスタブ+シャワーブースが設置されているという充実した内容。昔ながらの高級ホテルという雰囲気が漂う。
場所は中心エリアにある南京復興で、駅から徒歩2分の距離。ホテルも多くあるエリアであり、松山空港から訪れる場合は乗り換え無しでアクセスすることができる。
ユーザー満足度 客室の内容
立地 コストパフォーマンス

4位 
ホテルグレイスリー台北

8.2
20,000
【中心エリア】 忠孝新生駅から徒歩2分
【アジアのホテルはAgodaで】
アジアのホテルはAgodaで
開業客室バスルーム
2021年25㎡~独立型
上級のビジネスクラスに相当する「ホテルグレイスリー台北」。ワシントンホテルズが運営するホテルブランドで、外観にはゴジラが描かれるなど日系ホテルらしさがある。客室は全室25㎡以上という使いやすい広さに、バスルームはバスタブ+洗い場を設けるなど日本人のニーズをかなり満たしている。
場所は中心エリアの忠孝新生。観光地でも商業地でもないので滞在場所としては優れてはいないが、駅から徒歩2分の距離なので移動には便利な立地にある。
ユーザー満足度 客室の内容
立地 コストパフォーマンス

5位 
MGH Mitsui Garden Hotel 台北忠孝

8.2
20,000
【中心エリア】 忠孝新生駅から徒歩1分
【アジアのホテルはAgodaで】
アジアのホテルはAgodaで
開業客室バスルーム
2020年21㎡~シャワー
ビジネスクラスよりもややハイクラスに位置する「三井ガーデンホテル台北忠孝」。客室は21㎡以上あり、一人であればゆったりとした滞在ができ、2人であれば25㎡程度のツインルームが適している。標準タイプはシャワーオンリーだが、設備等は新しく、下手にバスタブがあるよりも使いやすい環境が整えられている。
場所は中心エリアの忠孝新生。観光地でも商業地でもないので滞在場所としては優れてはいないが、駅から徒歩1分の距離なので移動には便利な立地にある。
大浴場あり
ユーザー満足度 客室の内容
立地 コストパフォーマンス

6位 
ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ

7.8
22,000
【中山エリア】 中山駅から徒歩5分
【アジアのホテルはAgodaで】
アジアのホテルはAgodaで
開業客室バスルーム
1984年 (リ: 2017年)28㎡~ユニット
オークラニッコーホテルズが運営する「ロイヤル・ニッコー・タイペイ」。開業から年月が経っているが直近では2017年にリニューアルされているので、室内の設備やデザインは更新されている。落ち着いた雰囲気のシティホテルなので、出張や観光で訪れる年配者に人気がある。
場所は中心街である中山で駅から徒歩5分のところにある。日系ホテルも多くあるエリアで、駅前には商業施設などもあり、日本人の滞在場所としては人気が高い。
ユーザー満足度 客室の内容
立地 コストパフォーマンス

その他のホテル

ホテル名宿泊費の目安開業年客室の広さバスルーム場所駅から
10,000円
1996年17㎡~ユニット民権西路5分
○ 今年開業ホテル
23,000円
2024年30㎡~シャワー西門1分

まとめ

1位で紹介したのはオークラプレステージで、高級ホテルを望むならここが最も適している。40㎡以上の広い客室に、大浴場、立地も中山駅から徒歩3分とかなり良い。宿泊費は高額だが、外資系の同じクラスと比べるとコストパフォーマンは優れている。

メトロポリタンも同様に高級ホテルだが、こちらは築年数が経過しているので宿泊費が抑えられている。客室は広いので、夫婦での滞在でやや良いホテルを探している人にはこちらがおすすめだ。ロイヤルニッコーは昔ながらシティホテルで、こちらも年配者に利用しやすい雰囲気がある。

2020年以降に開業したホテルは、現在日本で増えているビジネスホテル以上のタイプが多い。ソラリア西鉄の特徴は、高級感があることと場所が繁華街の西門という点で、若者であれば買い物や食事などを徒歩圏内で済ませられるので西門が良いという人は多い。

グレイスリーはバランスの良いホテルで、客室の広さとバスルームの設備で評価されている。初めてやホテルにあまりこだわりがなければこちらが無難であり、日本はもとより家にいるのに近い環境で滞在することができる。


おすすめの記事